IT業界のキャリアアップ

IT業界でキャリアアップを考えた時に、どのような順序で上を目指す事になるのでしょうか。まず一口にIT業界と言っても様々な職種があるもので、どの職種であるかにより目指す道も変わることになるのですが、エンジニアにおけるキャリアパスとしてはPG(プログラマー)→SE(システムエンジニア)→→PL(プロジェクトリーダー)→PM(プロジェクトマネージャー)といった道筋をたどる事になります。

プログラマーはコンピュータを動かすためのプログラムを作成する技術者で、まずは入社後にはひたすらプログラムを組み立て基礎的な知識と共に経験を積むことになります。続いてシステムエンジニアはシステムの設計を行ったりシステムを開発するためのプロジェクトの管理などを行う技術者になります。主に設計を行う役割がありプログラマーに指示を与えるなど製造工程における責任者となります。

続いてプロジェクトリーダーはプロジェクトマネージャーを補佐して現場で行われる業務の監督者としての立場になり、プロジェクトの計画や管理から遂行などを含める全般で責任を持ちます。またプロジェクトマネージャーはプロジェクト全体のトップとなり、システムなどからは離れて工程や人的な管理や計画を行うと共に、顧客など対外的な窓口になります。

続いてSEのキャリアアップにおいてスキルアップも欠かすことはできなく、様々なスキルがある中で様々な情報や業界の動向を見つつ、ニーズが高いテクニカルスキルを身につけることがポイントとして挙げられます。最近のIT業界で特にニーズが高いスキルでは、 Java・.NET等・J2EE・Web系システム開発スキルなどから、基幹系システム設計・開発・運用スキルや、セキュリティ技術などが挙げられます。

もちろん様々あるスキルを満遍なくという訳にはいきませんので、まずは主たるスキルを身につけていきつつ応用としてスキルの横幅をどんどんと広げてキャリアアップしていくと良いでしょう。