飲食店のキャリアアップ

飲食店にお勤めの方の場合は働く中でどのようにキャリアアップする事になるのでしょうか。キャリアがどのように上がるかについてはチェーン店と個人経営店により分かれることになり、特にチェーン店の場合はまず入店してからは接客・ホールスタッフや調理スタッフ・調理師などに配属する事になり、店舗によりこの双方を兼ねる場合もあればいずれか専属で業務を行う場合もあります。

仕事を続ける中で必要なスキルを身につけてきたら管理職として現場を束ねるリーダーを目指すことになり、さらに料理長候補から料理長へ、また店長候補から店長へと職位を挙げることもあれば、店舗勤務ではなく本社などでSV・マネージャーなどにキャリアアップすることももあります。

個人経営の飲食店にお勤めになる場合は、フランス料理やイタリア料理などを始めとして専門性が高い店舗に就職することもありますので、まったくの初心者として入店するのではなく調理師専門学校を卒業したり、他店で修行を積んで転職する事もあり、その後は長い修行期間を経て現場のリーダーから店長を目指し、独立する際にはのれんわけになることもあれば、同業他店でさらに上を目指し転職するケースもあります。

その間に取得すべきスキルとして調理全般はもちろんのこと、料理人の人材管理や売り上げを伸ばすための事柄、さらに品質とコストの管理にも明るくなければなりません。また取得すべき資格として調理師はもちろん事、店舗によってはふぐ包丁師・製菓衛生師・パン製造技能士・食品衛生責任者・フードコーディネーター・ソムリエなどが挙げられ、いずれもキャリアを押し上げることに繋がります。

またチェーン店の会社に勤務する場合、まずは店舗管理者を目指しやがてはエリアマネージャーになり、それ以外にも本社勤務で営業・マーケ・CS・広報・開発などの部署につくこともあります。キャリアアップをする中では飲食店とはいえこのあたりの業務になるとさらに幅広いスキルが求められ、営業戦略の立案や本格的なマーケティングなどの知識も必要になります。