看護師のキャリアアップ

看護師業界でキャリアアップを目指す場合にはどのような道程を辿ることになるのでしょうか。まず看護師を目指す際には専門の学科がある大学・短大・専門学校などいずれかを進学する事になり、新卒看護師の方の場合は病院勤務を目指す事になります。

一口に病院と言っても様々な種類があるもので、分類にも様々な種類があるのですが、一般病院・診療所・総合病院・大学病院・専門病院・老人病院・救急指定病院などを始めとして様々ありますので、いずれか就職し現場でスキルを積む事になります。

続いて看護師業界でキャリアアップを目指すうえで重要になるのは資格の取得で、認定看護師・専門看護師・認定看護管理者などの種類があり、いずれも一定のキャリアを積み教育を受けた後に認定されると専門分野の看護の提供を行うことができるようになります。まず専門看護師とは水準の高い看護の実践を行う中で看護師に対する指導や相談活動を行い、熟練した看護技術と知識を持つことが認められる資格になります。

続いて専門看護師とはより困難な健康問題を抱えた人や家族などに対してより質の高い看護を提供するための知識や技術を有していることを証明する資格になります。さらに認定看護管理者とは多様なヘルスケアニーズを持つ患者や家族など質の高い組織的な看護サービスを提供するために管理者として優れた資質を持つことを証明する資格になります。

また勤務経験を積んで資格を持つ中で職位を上げて中間管理職を目指す以外にも、キャリアアップとして他の病院やそれ以外の現場に転職するケースもあります。有名大学病院や専門病院など、よりキャリアに特化した病院に転職をサポートしてくれる会社を利用することでスムーズなキャリアアップが可能です。(*参考サイト)

看護師業界の場合に職場は病院くらいしかないと思われる方も多いのですが、実はそれ以外にも非正規ではイベントナース・ツアーナース・検診ナース・緊急サポートナースなどが、また正規雇用では産業看護師・保育園などへの勤務・介護施設や福祉施設への勤務などの選択肢もあり、勤務形態や給料についてもそれぞれで大きく異なります。