ファッション業界のキャリアアップ

ファッション業界は非常に華やかな世界であり男女共に目指す方も多いのですが、この業界の中でキャリアアップしていくことを考えた時に、どのように自身を高めていけば良いのでしょうか。まずファッション業界全体の動向について見た時に、全体として人材不足の傾向がありますので就職するうえで比較的に楽になります。

特に低価格帯の衣料品を販売するファストファッション系の企業は現在もなお全国的に出店攻勢を強めており、路面店ばかりでなく大型のショッピングモールやアウトレットモールなどにも店舗を多く構えております。この業界に就職したらまずは現場で販売員として接客を行うことになり、この間には接客のための会話スキルを高めると共にファッションに関する情報発信ができるほどに知識を高め、また一方で店舗運営や経営についても知識を蓄えていく事になります。

続いて数年が経過する中でスキルを上げると共に固定客も獲得するようになるとチーフに昇格する事になり、店長の代理としてスタッフを取りまとめると共に経営についても関与を深め経験を積むことになります。この間には店舗管理や人材管理から運営力やイベントなどの提案などとより幅広いスキルが求められるようになり、やがて現場の責任者である店長に就任する事になります。

ファッション業界では業務の上で求められる資格はあまり存在しないのですが、業務の幅を広げたりキャリアアップのために有益な資格も多く、販売士検定・色彩検定・カラーコーディネーター検定・ファッションコーディネート色彩能力検定(色彩検定)などが挙げられます。

また店舗勤務ではなく本社勤務に移ることもあり、本社では営業・プレス・バイヤー・MDなどの職種があります。また本社勤務の場合は特に必要になるスキルとして語学力が挙げられ、一般的に衣類は海外で生産することがほとんどであり、現地の工場や会社などとの取引では英語や中国語などが必要になることもありますので、できるだけ早いうちから学習しておくことも将来的なキャリアアップに繋がります。